母乳育児は慢性の帝王切開後の痛みを軽減します

Anonim
帝王切開後少なくとも2か月間母乳で育てた母親は、2か月後に母乳育児を中止した母親よりも週末に行われた研究の結果により3倍慢性疼痛を経験する可能性が低かった。昨年末、2017年のユーロ麻酔麻酔会議でジュネーブで開催されたスペインのヌエストラセニョーラデバルメ大学病院の研究者は、2015年1月から2016年12月に帝王切開で出産した185人の母親を対象に研究を行いました。母乳育児と手術後の最初の24時間と72時間、その後4か月後の手術部位における慢性疼痛の程度。研究者らは、慢性疼痛に対する他の変数の影響も調べました。手術手技、最初の24〜72時間の痛み、教育と職業、母乳育児中の不安など。 本研究の母親のほぼ全員(87%)が赤ちゃんを母乳で育てており、半数以上(58%)が2か月以上もそうであったと報告しています。 2ヶ月以下の母乳で育てる人のわずか8%が帝王切開後の慢性疼痛を経験し、2ヶ月以上母乳で育てる、そして母乳育児をしている母親の半分(54%)が苦しんでいると言った「これらの予備的な結果は、2か月以上の授乳が慢性の帝王切開後の痛みから保護することを示唆しており、授乳中の場合、慢性の痛みのリスクが3倍に増加します。維持されるのは2か月以内です。 私たちの研究は、女性に母乳育児を促すもう一つの正当な理由を提供します」と、研究の著者であるカルメン・アリシア・バルガス・ベレンジェノ博士は言いました。母乳育児:その期間に影響する要因は?母乳育児は赤ちゃんを保護します致命的な感染母乳育児:偽りから真実を解き明かす、