世界脳卒中デー:事実を知る

Anonim
数字で見ると、今日の脳卒中は以下を表しています。 -成人が獲得する運動障害の主な原因フランスでは年間150, 000人がいます。 すべての年齢が影響を受けます。 脳卒中の平均発症年齢は73歳(性別は問わない)ですが、フランスでは毎年45歳未満の男性と女性が15, 000人います。重大な損傷を引き起こす可能性があります。 したがって、この日の目的は、脳卒中の症状と必要な反射神経を検出することを一般に教えることです。 ここでは、次のとおりです。-腕、脚、または顔の全体的または部分的な麻痺または筋力低下-重度の頭痛、-視力障害、(二重視または視力喪失目)、-感度の低下(接触、熱など)、-発話の困難(適切に選択されていない言葉、明瞭に表現されていない)、-バランスと歩行障害。 私たちは非常に迅速に行動しなければなりません。 ストロークの結果を制限するために、1分ごとにカウントされます。 すぐに15に電話してください。直ちに入院すると診断が確定し、脳損傷を軽減する治療がすぐに開始されます。これらの症状は数分しか続かないため、無視されることもあります。 しかし、それでもなお、緊急の医療処置を必要とする強力なアラーム信号です。喫煙に続く脳卒中の主な危険因子であり続けます。 2010年10月29日金曜日、午前10時から午後5時まで、Groupe Hospitalier Paris Saint-Joseph at 185、rue Raymond Losserand、75014 Paris Sources:Le脳発作のサイトhttp://www.attaquecerebrale.org/AVCS病院の場所セントジョセフ(パリ)http://www.hpsj.fr/ "、