危険にさらされている10代の耳

Anonim
Hear the worldが実施したこの研究は、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、米国の500人近くの生徒に連絡し、中学生と高校生が気を散らしているという事実を強調しています。 、レッスン中に大きな音でイライラしてストレスがたまる。 さらに、聴覚に危険な騒音レベルでのMP3プレーヤーの使用!教室での60デシベルクラスでは、騒音汚染は多くの場合、複数のソースから発生します。コンピューターやプロジェクターなどの学校の備品、近隣のクラスまたは空調および冷却システムからの音。 教室での平均音レベルは60デシベルであるため、生徒は平均65デシベルの音声範囲と推定される教師を理解するのが困難です。聴覚障害の有無にかかわらず、生徒がレッスンに従うこと。 その結果、注意とモチベーションが低下し、MP3プレーヤーが関与します教室の騒音だけが、ティーンエイジャーの難聴の原因ではありません。 実際、空き時間に積極的に聴覚を高い騒音レベルにさらす若者が増えています。 MP3プレーヤーだけが犯人ではありませんが、彼らはフランスの若者のかなりの割合に影響を与える聴覚障害の原因の1つです。世界調査によると、14〜19歳の55% MP3または携帯電話で1日3時間以上、少なくとも週に5〜6日間! さらに、10代の若者のうち8人が平均音量を50%以上超えてMP3を聴き、51%が許容音量よりも最大70%音量を上げています。したがって、彼らはオンラインで聴力をテストし、「強い」が「強すぎる」になる時期を知ることができます。