旅行のヒント

Anonim
海外に行く前に、世界保健機関(WHO)はまず医師から情報を入手するように助言します。 これにより、目的地に応じて必要な予防措置(予防接種など)を講じることができます。 WHOは、一度不便さを避けるために、いくつかの食品衛生規則に従うことを推奨します。非常に頻繁な手洗い、生の食品と調理済みの食品の分離、および食品の十分な調理です。 WHOは、食品を適切な温度に保ち、消費する水が安全であることを常に確認するように注意する必要があることを示しています。下痢の場合、「薬物の使用は腸の通過を遅くします特に子供向けではありません」。 「経口補水液、ボトル入りの水(煮沸または精製)、または軽いお茶、スープ、またはその他の安全な液体」を豊富に飲んで、水分補給することをお勧めします。 また、「コーヒー、甘すぎる飲み物、特定の薬の注入、アルコール」などの脱水傾向のある飲み物を避けることも好ましいです。特に食べ物に触れて食べる前に、手をよく洗ってください-調理済みの食べ物は、それを汚染する可能性のある生の食べ物と接触しないようにしてください。 生の魚やシーフード、バラ色の家禽肉、ひき肉や珍しいハンバーガーは避けてください-室温で数時間放置した調理済みの食べ物は避けてください。 保温するか、冷蔵または氷上で提供する必要があります。-危険な微生物に汚染される可能性のあるアイスクリーム、水、アイスキューブ、生乳は、安全な起源でなければなりません。 果物や野菜は皮をむき、皮膚に損傷があるものは避けてください。 疑わしい場合は、水を大きな沸騰で沸騰させる必要があります。 "、