髄膜炎:常に緊急事態!

Anonim
ウイルス型は一般に良性です。患者は通常、わずか数日で後遺症もなく治癒します。 一方、細菌の形態ははるかに深刻になる可能性があります。 「ヘモフィルスインフルエンザ」に対するワクチン接種のおかげで、幼児の数は近年減少しています。 肺炎球菌ワクチンにより頻度はさらに低下すると予想されていますが、細菌性髄膜炎の大きな原因である髄膜炎菌はいまだにramp延しています。 フランスでは今でも年間約500人が罹患しており、ほぼ半数の症例、9歳未満で免疫防御があまり発達していない人たちです。 しかし、生殖が唾液の滴によって伝わるので、いちゃつく年齢で約15〜17歳の思春期に2番目の周波数ピークが観察されます。 狭心症または鼻咽頭炎の際に最初に喉に感染し、最終的に髄膜に留まります。 ; 激しい頭痛; 光に対する不快感; おそらく、体に小さな青みがかった赤い斑点の出現。 病気の典型である肩こりは、この段階ではめったに見られませんが、疑いがある場合は、医師は患者を病院に送り、そこで血液検査と咽頭スワブが行われます。 髄膜炎菌が含まれている可能性が高い脳脊髄液を分析するには、腰椎穿刺(不快ではあるが危険ではない)も必要です。 伝染を避けるため、患者と密接かつ繰り返し接触した人は、錠剤で2〜5日間抗生物質治療を受けなければなりません。 「髄膜炎菌がA型、C型、Y型またはW135型の場合、これらの人々にもワクチン接種が必要です」とパスツール研究所のMuhammad-Kheir Taha博士は強調する。 しかし、フランスで最も普及しているセログループBに対する対策はありません。フランス。 若い英国人も体系的に予防接種を受けています。 "、