乳がん:40歳未満の乳がんの罹患率が増加しています

Anonim
「乳がんに直面している若い女性」をテーマに11月5日までストラスブールで開催されている会議の際、フランス乳腺病理学会(SFSPM)は、 SFSPMによると、乳がんの40歳未満の女性の数は6年で25%増加しました。 2002年の5.6%から2008年の7%(最新の数値)。 そして、年齢層を少し広げることで、乳がんに苦しむ女性のほぼ30%が50歳未満であることがわかります。最初の妊娠に加えて、西洋諸国の食生活と身体活動の不足によっても、重要なリスク要因。 数字はまた、40歳未満のこれらの女性の45%が乳がんの家族歴があることを報告しています。 SFSPMは最終的に、40歳未満の患者の10%が妊娠6か月以内に乳がんを発症したことを明らかにしました。腫瘍が大きく、成長が速い。 さらに、この年齢での定期的な放射線スクリーニングの欠如(組織化されたスクリーニングキャンペーンは50〜74歳の女性にのみ関係していることを思い出してください)では、十分に早期の診断を行うことができません。 したがって、病変のサイズは一般に2 cmまたは3 cmより大きく、患者のほぼ3分の1(32.6%)が乳房切除を受ける必要があります。 マンモグラムがどのように行われるかをご覧ください注:フランス社会学乳房病理学会の会議は、11月5日までストラスブールのパレデコングレで開催されます。 一般市民は、11月5日金曜日の午後4時から、結論だけでなく患者の証言を提示するセッションに参加することができます。