百日咳:リマインダーを忘れないでください!

Anonim
私たちは、小児期の病気の範囲に百日咳を入れることができると考えましたが、そうではありません! 予防接種が子供を2か月(ワクチンの最初の注射を受ける年齢)から保護する場合、大人になると、私たちはもはや予防接種を受けていないようです。 その結果、ますます多くの大人(または10代)が百日咳を起こしています…まだ予防接種を受けていない乳児に伝染する危険があります。 病気は空気によって簡単に広がり、患者が咳をすると唾液の小滴を通して細菌が広がります。 しかし、幼児では、百日咳による合併症が非常に深刻になる可能性があります:フランスでは、依然として700人の入院と年間約10人の死亡があります(百日咳は、2か月未満の子供の細菌感染による死亡の主な原因です。もちろん、プレティーンが一度に1週間以上も咳をし続けている場合、あなたはそれを医者に届けることになります。 しかし、百日咳の診断が常に頭に浮かぶのは必ずしも最初ではなく、あなたの子供が抗生物質を服用していない限り、それは伝染性のままです…したがって、彼の周りの小さな子供(またはあなたにとって妊娠していても)。 したがって、この2番目のリマインダー(最初のリマインダーは一般に16〜18か月で行われました)の重要性は、11〜13歳の3番目のジフテリア、破傷風、ポリオのリマインダーと同時に行うことができます。 このワクチンは「必須」ではなく、推奨されるのみです。