はしか:2011年前半に14,000件を超える症例

Anonim
Institut deが伝えた最新の数値によると、神経学的合併症の犠牲者15人、重度の肺炎615人、死者6人を含め、2011年上半期に合計14, 000人を超える症例が記録されました。ヘルスウォッチ(InVS。これに比べ、2010年全体で5, 071件の症例が通知されました。はしかの流行のピークに達したのは昨年3月であり、その日から症例が減少しました。 2011年5月、昨年4月の3, 250人と比較して、1歳未満の乳児がこの病気の影響を最も受けています(乳児100, 000人あたり140人以上)。これらは11〜20歳の青少年および若年成人( 60を超えるケース)と1〜5歳の子供(約60のケース)。 "、