風邪を予防し治療するエキナセア:本当の利点は何ですか?

Anonim
かつてグレートアメリカンプレーンズのインディアンに知られていたエキナセアは、現在ヨーロッパで開花しています。 デイジーに近いこれらの花は、蝶が大好きな明るい色で庭を照らします。 エキナセアには数十種類がありますが、植物療法では、主にエキナセア紫斑病、エキナセアアングスティフォリア、エキナセアパリダの3種が使用されます。 これらの3種類のうち、特に紫斑病エキナセアが治療薬として推奨されており、医学研究の世界で最も関心を集めています。風邪、インフルエンザ、気道の症状の予防に推奨されます。 現在、最も受け入れられている理論では、エキナセアは組織の免疫機能を刺激するように機能すると指定されています。 要約すると、エキナセアは、微生物の侵入をシミュレートし、身体の防御システムに反応します。 もちろん、免疫システムを一年中戦闘状態に維持したり、免疫システムを弱体化させるリスクは望ましくありません。 一方、エキナセアを予防薬として服用することは、「鼻水」や周囲の風邪の流行中に、時々、短期間で行うのが適切です。 エキナセアは、液体抽出物またはカプセルで摂取するのが最善です。注意:エキナセアは、免疫系の病気の場合には推奨されません。 さらに、喘息やアレルギーのある人は、他の人よりもエキナセアにアレルギーがある可能性が高くなります。外部で使用すると、エキナセアはクリームや軟膏の形で傷を癒し、潰瘍と炎症エキナセアの有効性、現実?風邪やインフルエンザの予防におけるエキナセアの有効性に関する臨床試験には、さまざまな結果があります。エキナセアは人によって異なりますが、ウイルスとそれを防ぐために使用される製剤によっても異なります。 しかし、風邪の症状(うっ血と鼻水、のどの痛み、頭痛、脱力感、悪寒)の軽減について、2007年に発表された研究では、エキナセアによる治療により1.4日の軽減が可能になったことが示されています、症状が現れる期間であり、症状の強さも軽減しました。風邪だけでなく、風邪と戦うためのアロマセラピー」、エキナセアもお読みください、