Anonim
多くの研究は、成人が一生を通して座っている時間が長いほど、心臓病を発症する可能性が高いことをすでに示しています。座りがちなライフスタイル。 研究者は、平均50歳の2, 000人以上の活動レベルを分析し、1日5時間以上座っていたが、座っている間、体の脂肪燃焼、圧迫が大幅に減少したことを発見した血圧は14%上昇し、インスリンレベルは低下しました。65年で座りがちなライフスタイルは83%増加しました。 1950年以来、職場での運動不足は83%増加しています…解決策は? 起きて、1時間に1回歩いて行きます。 しかし、この研究が信じられるとすれば、座りがちな仕事で定期的な身体活動を行った成人でさえ、心血管疾患のリスクが低下することはありませんでした。 MCWの研究者の1人は、座っている時間を少なくとも1日1〜2時間減らすことで、心血管の健康に大きな影響とプラスの影響を与える可能性があります。機会があればいつでも、昼休み中、電話での会話中、またはエレベーターではなく階段を利用してください。 また、家に帰るときは、夕方までテレビのすぐ前に座らないでください。-座りがちなライフスタイル:体調の良い人の健康に影響なし-がん:滞在2時間以上座っているとリスクが高まります」、