Anonim
緑粘土と同じように、赤粘土はマスクとして使用され、色付きクリームや艶消しクリームなどの化粧品の配合に直接組み込まれない場合は湿布として使用されます。スキン。 しかし、赤みやくすみの多いしみのある肌に特に適しています。 ミネラル(シリカ、アルミニウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、リン、ナトリウム、カリウム、銅、亜鉛、セレン、コバルト、マンガン)が豊富であるため、疲れた顔の調子を整え、浄化します。 週に一度赤い粘土で作られたマスクは、赤みと疲労の痕跡をカモフラージュする良い歓迎ブーストです。赤い粘土、植物油(ホホバ、アルガンなど)を3滴、茶色がかったペーストになるまで少量の水で洗い、15分間そのままにしておきます。 徹底的にすすぐ。 「スローコスメティックスビジュアルガイド」の作成者であるLeducの美容師であり芳香族の著者であるJulien Kaibeckによって提案されたレシピ。 Sエディション>>続きを読む:独自の粘土化粧品を作る